首イボに関する正しい知識と治療法


首イボとは無縁の人には聞きなれない言葉かもしれませんが、首やその周辺にできてしまう小さな黒褐色の隆起したブツブツのことをいいます。肌の老廃物が蓄積されて固い角質の粒となり肌の表面で盛り上がってしまうのがイボで、その大きさによって名称が変わり、2㎜程度で多発するものをアクロコルドン、1㎝ほどの大きさのものを軟性線維腫、それ以上の大きさになるものを懸垂性線維腫と言います。

中には出血するイボや大きすぎるイボは悪性の場合があるので切除が必要ですが、イボの殆どは良性のものですが健康面からいえば切除しなくてもいいものばかりです。しかし、目立つ場所や服が擦れる場所にイボができると見た目も良くないし、小さなイボでも神経が通っていて感覚があるので、服の擦れやアクセサリーがイボに引っかかり痛みが発生する場合もあります。

首イボができてしまう原因

首イボの知識
イボは首や脇、横腹など皮膚が柔らかい部分にできやすく、服やアクセサリーでの肌への摩擦が原因でできてしまいます。他にも紫外線で受けたダメージや、首の古い角質の除去ができていないと首イボになりやすい傾向にあります。

首イボができる原因は刺激だけではなく、老化現象によりできてしまうこともあり、若い時には殆ど首イボになる人はいませんが、体質により20代からイボができ始める人もおり、大抵の人は30代から徐々に増え始めて年齢と共に増加していきます。一番多くは更年期を迎えたころからみられ、加齢と若い時とホルモンバランスが変わることから首イボができやすい傾向にあります。

最も多い原因については首イボの原因や治療法は?自分で治す方法やヨクイニン効果まとめをご参照下さい。

首イボの予防と治療方法

まず首イボができないようにするには、顔だけではなく首にも日焼け止めを塗ったり、角質を除去するために清潔に保ち、無駄な刺激をなるべく与えないようにすることが重要です。刺激や老化を防ぐことができたら首イボができることは殆どありません。

しかし、それでも首イボができてしまったら、様々な方法で治療することも可能です。大きなイボの場合は麻酔を使った切除手術が必要ですが、主な首イボである小さなアクロコルドンは病院に行けば、麻酔なしの簡単な施術で切除してもらうことができます。ハサミで切除しても出血も殆どありませんし、液体窒素治療は低温の液体窒素で冷却し凍結させるとその後自然にイボが取れるという治療法もあります。

病院に抵抗がある人は、自分でイボのケアができる市販のクリームなども多く発売しているので、ドラックストアなどで気軽に買ってセルフケアをすることができます。