青汁は手作りがおすすめ!青汁の作り方解説します


青汁は手作りすればコストパフォーマンス抜群

手作り青汁
美容や健康に効果をもたらすことで知られている青汁。 青汁は購入して飲むことができますが、手作りするという方法もオススメです。手作りすることで、青汁自体を購入して飲むよりも安く飲むことができますし、苦味を調整することもできるため、 より自分に合った青汁を楽しむことができます。コストパフォーマンスは抜群です。

そこで今回は、青汁を手作りするための手順を紹介してみたいと思います。

作り方その1 野菜を選ぶ

まずは青汁にどんな野菜を利用するのかを決める必要があります。 オーソドックスな青汁の材料は明日葉、 大麦若葉、ケールなどですが、 一般的なスーパーマーケットでこれらの野菜を購入するのはなかなか難しいかもしれません。もしこれらの材料を入手できない場合には、キャベツ、水菜、小松菜、ブロッコリーを代用品として活用するのもOKです。

作り方その2 野菜を洗ってミキサーへ

野菜は必ず綺麗に洗うようにしましょう。 その後ミキサーして細くします。もしミキサーがない場合には、すり鉢などを使ってすりつぶす方法で大丈夫です。

作り方その3 ペースト状にする

ペースト状になるまで、しっかりとミキシングしましょう。 ジューサーやミキサーでかき混ぜている場合には、 そのまま飲んでも構いません。 すり鉢を利用している場合には、布巾などを利用して汁を絞るとるようにしてください。

飲みにくい場合には

青汁はできるだけ野菜100%で飲みたいところですが、どうしてもそのままでは飲みにくいという場合もあると思います。 もし、ドロドロしすぎて飲みにくいと感じる場合には、水を足してサラサラ感を演出しましょう。 野菜特有の青臭さが苦手だという場合には、はちみつやジュースを加えてミキサーしても構いません。 作り手が自由に味の調整を行えるというのが青汁を手作りする強みと言えます。

たくさん作って冷凍保存

青汁は冷凍保存することができます。ですから、毎朝作るのがめんどくさいという場合には、いっぺんにたくさん作って冷凍保存してしまいましょう。ジップロックのような物に入れたり、氷を作る容器に入れて冷凍させるという方法がおすすめです。

選ばれる人気の美味しい青汁厳選!今売れている青汁はコチラ↓↓↓
サントリー極の青汁